テクノロジ

モデルベースによるセキュリティテストケース自動生成ツール

組込み機器開発においてセキュリティを保証するためには、ペネトレーションテストにより、セキュリティ機能が回避されるような脆弱性がないことを確認する必要があります。
しかしながら、通常のテストとは異なり、想定外の操作によって仕様を逸脱する可能性がないことを確認しなければならないため、高度な専門性が必要です。 本ツールは、このペネトレーションテストのためのテスト項目の自動作成を可能とします。
これによりテストエンジニアに求められるセキュリティの知見の度合いを軽減するとともに、テスト作業にかかる手間を省きます。

SysMLと形式手法を活用した機能安全ソリューション

IEC 61508やISO 26262などの機能安全規格への対応が広がる今日、開発コストの増加が大きな課題となっています。株式会社アトリエは、システムモデリング言語「SysML」とソフトウェア開発のための形式手法「Bメソッド」を組合せることで、コスト低減を支援いたします。

セーフティ&セキュリティ国際規格適合支援サービス

アトリエはグローバル基準に対応できる組込みシステムエンジニアリングをサポートします! セーフティ&セキュリティ規格に適合できるコンセプト構築およびライフサイクル構築を支援します。 基礎から規格詳細まで実践的なトレーニングを提供します。

機能安全分析・設計統合支援ツール Safety Office X2

EnCo Safety Office (SOX2)が提供するオールラウンド型ソリューションは、革新的なインパクトを与えます。本製品は、エンジニアリング分野が抱えるクリティカルな課題への解決策であり、複雑化したプロセスの簡素化と高速化を保証します。 SOX2は、要件管理やシステム設計の他に、様々なコアモジュールを含んでいます。コアモジュール群は、プロジェクト計画の作成や、安全コンセプトの開発、分析の実行(FMEA、FTA、FMEDA)、検証とバリデーションのプロセスをサポートしています。これらはすべて、直感的でユーザーフレンドリーなインタラクションによって実現されます。

SysML→Bメソッド自動変換ツール

ソフトウェアの使用記述・開発・検証を数学的基盤を用いて行う形式手法。その中でもBメソッドはモデルによる使用の記述から 数学的検証・C言語ソースコードの出力までを行える統合開発環境Atelier-Bが無償で公開されています。 Atelier-Bで用いるモデルはB言語で記述します。ゼロからB言語でモデルを記述するのは大変・・・という方のために、 SysMLで作成したモデルからBモデルに変換し、自動生成するツールを開発しています。